過払い金請求を独力で行う際のポイント

  • クレジットカード決済は友人への借金と変わらない

    • クレジットカード決済は財布や現金を持ち歩く必要もなく買い物ができ、便利な優れものアイテムです。

      また、クレジットカードは信用なくしては所有できないものであり、所有していることが同時に個人の信用の証でもあります。



      クレジットカードは、魔法のカードではありません。


      魔法のランプから飛び出てくるアラジンではないのです。



      特に初めてクレジットカードを手にした方は、嬉しさ半分で買いたい商品を次から次へとクレジット決済でショッピングしてしまうケースも少なくはありません。

      相続放棄のための相談の補足説明を致します。

      魔法のカードであるような錯覚をおこし、気づいた時には借金地獄といった事態に陥らないようにクレジットカード決済とは、どういったことであるのかをキチンと認識しておく必要があります。



      クレジットカードは、「魔法のカード」ではなく「信用してくれている友人」なのです。


      カードには使用限度額が設けられています。


      30万円までの限度額であれば、「30万円までだったら、立て替えて支払ってもいいよ」という心強い友人の存在ができたということです。

      相続借金のことならこちらのサイトにお任せください。

      クレジットカード決済をする際のカードがVISAカードであれば、友人であるVISA君からお金を借りて支払っているのです。

      http://rocketnews24.com/category/%E3%81%8A%E9%87%91/

      ちゃんとVISA君に返済しないと信用も失ってしまう結果となります。

      https://m3q.jp/t/2659

      逆に、ちゃんとした支払いを繰り返していると信用もアップし、限度額もアップしていきます。

      http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL31HHY_R30C17A3000000/

      信用を得てカードを得るのは簡単ですが、信用を失ない良き友人をも失わないように心掛けましょう。


  • 関連リンク

    • 利息制限法を越える金額の金利設定がされている業者から借入れをしてしまった場合には、過払い金請求をすることで、過去に支払ったお金を取り戻すことができ、金額によっては、借金がすべてチャラになることもあります。しかし、過払い金請求をする場合、借入れしていた本人自ら行うことは結構難しいことが多いので、司法書士や弁護士などの法律の専門家の力を借りたほうが良いでしょう。...

    • インターネットを普段から活用する機会が増え、欲しい商品やアイテム等を簡単に検索出来る様になりました。そしてそんな欲しい商品やアイテムをスマートフォンやパソコンでいつでも24時間注文出来るとしてインターネット通販がここ数年急激な発展を遂げてきました。...