過払い金請求を独力で行う際のポイント

  • 過払い金請求を独力で行う際のポイント

    • 過払い金請求というと司法書士や弁護士に依頼するのが当たり前のように言われていますが、ポイントさえきちんと抑えていれば自分自身の手で行うことも十分可能なのです。では何から始めるのかですが、まずは一体幾ら過払い金が発生していたのかの金額を確定しなければなりません。

      相続借金に関する情報探しで困った時に見てほしいサイトです。

      それには借りていた時期や金額、利率などから計算しなければなりません。

      手元に明細書などがなければ借りていた金融機関に取引履歴の開示請求を行い、すべての取引内容を確認しなければなりません。



      そしてそれを元に計算を行います。


      計算方法は少々手間がかかりますが、ネット上には簡単に計算ができるソフトが出回っているので、それをダウンロードすればt楽に行うことができます。
      計算ができたならばその金額を金融機関に請求します。



      素直に返還に応じてくれればよいのですが、少々渋るところもあります。

      その際には支払い交渉を行います。

      ここで決して妥協して減額するなどしてはいけません。
      それでも埒が明かない場合には訴訟を行うことになります。


      訴訟に必要な書類や作成方法などはネットから引っ張ってくることができます。

      たとえ訴訟になっても、過払い金は違法であるとの判例があるので金融機関側に勝ち目は全くありません。



      単なる減額目的の時間稼ぎです。

      相続放棄の専門サイトのココです。

      通常一回目の弁論で支払いや和解が決まります。

      https://okwave.jp/qa/q6298936.html

      このように取り立てて専門知識がなくても過払い金請求は可能です。

      https://m3q.jp/t/2659

      ただし、ネックとなるのは時間です。

      司法書士や弁護士に依頼するとお金が戻ってくるまで何もする必要はありませんが、自分自身で行う場合はすべて一人で立ち回らなければなりません。

      http://girlschannel.net/topics/282283/

      計算などは休日に行えたとしても、交渉は平日、仮に裁判ともなれば会社を休む必要も出てきます。

      つまり、時間の余裕がなければなりません。


      とはいえ、専門家に依頼すれば少なくとも十数万円の支払いが必要となってくるので、自分自身でやってみる価値はあります。

  • 関連リンク

    • 利息制限法を越える金額の金利設定がされている業者から借入れをしてしまった場合には、過払い金請求をすることで、過去に支払ったお金を取り戻すことができ、金額によっては、借金がすべてチャラになることもあります。しかし、過払い金請求をする場合、借入れしていた本人自ら行うことは結構難しいことが多いので、司法書士や弁護士などの法律の専門家の力を借りたほうが良いでしょう。...

    • クレジットカード決済は財布や現金を持ち歩く必要もなく買い物ができ、便利な優れものアイテムです。また、クレジットカードは信用なくしては所有できないものであり、所有していることが同時に個人の信用の証でもあります。...